Home > 九州薪ストーブ日記

薪棚探訪 その五十一 廃パレットで「たんころ薪カゴ」を作ろう

nikki140427以前の薪棚探訪にて、棚に積むには形が悪かったり短かったりして保管に困る、いわゆるたんころ薪用のカゴをご紹介しましたが、今回より簡単にカゴを作ったのでご紹介します。

材料は・・・
・同じサイズのパレットを6枚
・コンクリートブロック4個
・胴縁か垂木などの木材少々
・ビニールや金属製のトタン・・・面積はカゴの外寸プラスアルファ
・コースビス、トタン用傘釘 、L字型のコーナー当て金物等適宜

道具は・・・
・インパクトレンチ(これ絶対必要)、鋸、かなづち 他



レシピは・・・
1、  コンクリートブロック4枚をパレットの4隅に合わせて水平に配置
2、  底になるパレットを置き、その4辺にコースビスや金物を使ってパレットを立ててカゴを完成させる
3、  蓋となるパレットにトタンが少し斜め(水が流れる勾配)になる様に木材を渡してからトタンを貼る
4、  蓋が落ち込まないための桟として、木材を内側上部に止め付ける
5、  たんころ薪をどんどん放り込む
6、  蓋を天辺に落とし込んで完成

写真では蓋がありませんが、同じパレットが5枚しか調達出来ていないため青天井となっています。 あと一枚何とかしなければ・・・。

制作時の注意点は、ブロックが水平であること、ビスや金物で頑丈な箱に組み立てること、天辺にパレットがスンナリと落とし込める様なカゴに組み立てること、蓋が強風で飛ばない様に考えて工夫をすること等々でしょうか。

パレットが10枚あると床面積が2倍のカゴを作れますが、大型になるとパレット製の蓋では開閉が大変になるので、木材で枠を組んで軽くて丈夫な蓋を工夫すると良いかもしれません。

今回パレットはちゃっかりタダで貰ったので、この状態までの費用はコンクリートブロック、ビス、金物代金の千円足らずの計算です。 実際は手元にあるものばかりでやっつけましたから、今のところ出費は0円ですが。

大雑把な説明で、工夫しろとか考えろとか不親切極まり無いですが、作る前にそんなこんなを検討する時間も含めそれらをも楽しむ姿勢が肝心です。
まあ、たんころ薪用のカゴですから、有り合わせでコストを掛けないことが一番大切かも・・・ですね。

クレジットカードでのお買い物も

nikki140401薪ストーブにまつわるアクセサリーや、これから始まる煙突掃除や本体掃除に必要となるメンテナンス用品の購入に大変便利なクレジットカード決済が可能になりました。

以前より、「カード使えますか」とのご要望がチラホラとありましたので、遅ればせながら今回導入いたしました。

VISA、マスター、JCB、アメックス、楽天他ほとんどのカードが使用できます。

本日より消費税が8パーセントとなってしまいましたが、せめてカードでお買い物してポイントを貯めましょう。
さあ、安心してガンガンお買い物してください。
あっ、これエイプリルフールではありませんよ、本当の話です。 ぜひ。

AGNI (アグニ)ストーブ 上陸

nikki140320純国内産鋳物薪ストーブ AGNI (アグニ)が九州初上陸です。

製造元は岐阜県の株式会社 岡本 という鋳物メーカーで、なんと創業は永禄3年 1560年とのことですから、織田信長と今川義元が桶狭間で戦った年ですね。 昔にもほどがありますね。

本来は地中に埋められている鋳鉄製の水道管やマンホールなどを製造していますが、450年以上にわたって育んだ技術で欧米製品に席巻された日本の薪ストーブ業界に名乗りを挙げました。 拍手!

基本的にはクリーンバーン方式でありながら触媒を2つも備えているという独自の構造で、今風にいえばハイブリッド構造ということになるでしょうか。

内部構造はもちろん、部品の形状や精度、コンパクトサイズでありながらサイドドアを備えている点やそのデザインも含め、日本製らしく真面目に作られている薪ストーブだと思います。


今回当店に入荷したのは新製品である小型の AGNI-CC(アグニ キューブコンパクト)です。
詳しくは右側の取扱商品のバナーからメーカーのホームページページへどうぞ。
ただ、百聞は一見にしかず・・・ぜひ九州で唯一の代理店である当店にご来店のうえ、丸い削り出しの木製ハンドルの握り心地をお確かめください。

皆様へのお詫びとお願い

日頃当店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

さて、昨日2月1日未明、第三者による不正アクセスが行われ、弊社ホームページ運営システムが書き換えられた結果、大量のメール配信が行われたことがホームページサーバー管理会社の報告により判明いたしました。

発覚後、直ちにホームページサーバー管理会社の指導従い対応策を取りましたので、現在この問題は解消しておりますが、また更なる対応と検証を行っております。

またその後の検証で、1月23日前後よりホームページの内容が不正に書き換えられていることが確認されましたので、もしその期間中に当店ホームページを閲覧された皆様におかれましては、万一の場合も考えて、お手持ちのウイルス対策ソフトを最新の状態にし、感染の確認と駆除の実施をお願いいたします。
対象の期間・・・2014年1月23日前後から2月1日17時

現在当店ホームページは一部を除き問題なく公開されていますが、一部ページについても安全が確認され次第公開いたしますので今しばらくお待ちください。

なお皆様の個人情報についてはホームページ上に保管しておりませんので、その流出等はありません。
また、現在弊社ホームページを経由したメール配信は行われておりません。
その後の状況につきましては何かありましたら逐次お知らせいたします。

今後はセキュリティの強化ととともに再発防止に万全を期してまいります。

当店ホームページを を閲覧いただいた皆様、不正メールを受け取られた皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top