Home > 九州薪ストーブ日記

今こそ薪を作る時なのです

いい味出してます

いい味出してます

ちょっと遅れましたが先ずはご報告。

先週の大神ファームさんにての「薪ストーブのある暮らし」イベントは、大盛況・・・とまではいきませんが、熱心な方々にお集まりいただき、会場のダッチウエストの「FA209 ラージボックスヒーター」を焚きながら、薪ストーブに対する素朴な疑問や具体的なこと・・・「お金はナンボ掛かるの!」・・・まで、皆様の質問にお答えするQ&A方式で行わせていただきましたが、息つく暇もなくアッという間の1時間でした。

その後、希望者数名様で5種類ほどのアックスを使い分けながら、「わたし初体験ですー」とドキドキワクワクの薪割り体験をしていただきました。

中でもある若い男性の方はすぐにパカパカと割ることが出来る様になりましたが、たぶん薪割りにハマッたに違いありません。それらのアックスは常時在庫しています。ショールームにてお待ちしてますー。

薪ストーブのある素敵な暮らしには、何が無くともまず乾燥した薪です。
何時かは薪ストーブを・・・とお考えの皆様、たった今為すべき事は薪作りです。
原木を手に入れ、切って、割って、積んで、乾かす、の作業をすぐに始めてください。
そうして一年か二年経つと良い薪となり、あなたやあなたの家族を暖めてくれるでしょう。

また、ご予算やライフスタイルの変化で薪ストーブ導入に迷う時が来るかもしれませんが、そんな時もビッシリと積まれた薪が「早く燃やしておくれよー」と背中を押してくれるに違いありません。

すでに薪ストーブを使っているあなた、あなたも薪作りは順調ですか。
今がすっかり目減りした薪棚を満たす時ですよ。
楽しみつつ頑張って薪作りを・・・って、私もそうなんですけどね。はい、頑張ります。

薪ストーブのある暮らし・・・を語ります

nikki120114新年早々ドキがムネムネしそうな予定が。

日出町大神にあります 大神ファームさんにて「薪ストーブのある暮らし」と題したイベントがあります。
その中で私が具体的に薪ストーブの素晴らしさや薪ストーブのある暮らしの素晴らしさをお話させていただくことになりました。

これまでにも地元民放テレビやラジオに出演させていただいたことがありますし、普段はショールームにて1組様をお相手にお話しさせていただいていますが、大勢の方々を目の前にしてお話しさせていただくのは初めてです。
参加者がどれくらいになるのか解りませんが、せっかくなのでたくさんの方に聞いていただきたいものです。

日時は、1月22日 日曜日の午前11時からです。

大神ファームさんにはバラ園やハーブ園、レストランやドッグランもあって、一日楽しめますから、お時間のある方、薪ストーブにちょっと興味のある方、「ついでにフエゴの与太話も聞いてみるか・・・」な方は、どうぞご来園ください。

大神ファーム ホームページ  http://www.ogafarm.com/

新しい年を迎えて

nikki120105ここ大分では暖かく穏やかな年越しとなり、我が家では思う存分の薪ストーブ正月とはなりませんでしたが、皆様のお宅では薪ストーブは大活躍しましたでしょうか。

当店もお蔭様で10年目となりますが、今年はもっともっと薪ストーブに熱中したいと思っています。
薪ストーブオーナー様にも薪ストーブのある暮らしをもっと楽しんでいただきたいと思いますし、まだオーナーではない方にはぜひ素晴らしい薪ストーブのある暮らしを始めていただきたいと思います。

本年の仕事始めは明日6日よりとなりますが、早速ご来店ご相談の予約をいただいていますから、とっても良いスタートが切れそうです。
では、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最後の日記なのにあえて・・・

nikki11123010日ほど前の新聞に「薪ストーブで別荘全焼・・・」という記事が載っていました。
玖珠郡九重町にある福岡県在住の方の別荘で夜の10時頃に火事があり、木造平屋建ての家屋が全焼したとのこと。
幸い本人は逃げ出して無事でしたが、当時薪ストーブを焚いていたということと、火事を目撃した近くの人によると煙突の近くから火が出ていたとのことですから、原因は薪ストーブや煙突によるものかもしれません。

適切な煙突掃除や薪ストーブ本体の保守点検が為されていなければ、この様な事はどのオーナー様にも起こり得ます。
また、燃料である薪の乾燥具合もとても重要です。

薪ストーブ専門店にて設計・施工され、毎年の薪ストーブや煙突の点検・清掃が為され、よく乾いた薪を完全燃焼させていればまずトラブルは起こりませんから、保守や薪などの不安要素を取り除いて、新しい年も「安全で、楽しくて、暖かい」薪ストーブライフを送っていただきたいと思います。


新年は  6日 金曜日からの営業となります。

緊急の場合・・・そんなことがあってはなりませんが・・・、電話は通じますのでどうぞご連絡の程を。


では皆様、薪ストーブと共に良いお年を。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top