Home > 九州薪ストーブ日記

薪ストーブの良好な燃焼状態

nikki100527画像はヨツール社の2番人気機種、F500を1シーズン使用後、メンテナンスのために天板を外したところですが、バッフル板の上に置かれたブランケットに積もった灰の色にご注目。
どちらのお宅も、ここにはもう少し黒っぽい灰や煤が積もっている場合が多いのですが、こちらはグレートの灰とほぼ同じグレーです。シャレです。すなわち、ほぼ完全燃焼しているということでしょうか。
焚いている薪はカシとクヌギ、それも完全乾燥した物ばかりとのことですし、炉内の状態からもとても上手に焚いておられることが判ります。というか、焚き過ぎて温度が上がり過ぎる時もあっただろうと思われますが、さすがヨツール、さすがF500、炉内各部には変形・損傷などはまったくありませんでした。
煙突もトップ部分にこそ黒い煤がありましたが、全長5メートルほどの断熱二重筒内部もグレーっぽい煤が薄っすらと付いているだけでした。
それに引き換えショールームのF3は・・・うーん、もっと上手に焚かなければ・・・と反省してます。

環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金を受け付け中です。支給額は10万円です。いったん今月末で締め切りますので、お早めに店頭、お電話、メールで問合せください。

バーモントキャスティングスだらけ

nikki100520

狭いショールームにアンコールのクラシックブラックとレッドが1台ずつ、アンコール・エヴァーバーンのクラシックブラックが1台、イントレピッドⅡのレッドが1台、アスペン・・・じゃなく、実はマジェスティックのプリマス・クラシックブラック・・・が1台と、まあジャマなほどの密集度です。
でもバーモントキャスティングス社のストーブだけが好きな訳ではありません。他のメーカーにも欲しくなるストーブはありますし、バーモントキャスティングスのストーブの中にもあまりお薦めしていない機種もあったりします。

この中の2台は既に新しいオーナー様のところに行くことが決まっていて、ショールームにて引渡し前の各部の点検と整備を済ませたのですが、この納品前の作業はとても大切ですね。慎重さと丁寧さが求められる作業ですが、楽しくもあり、面白くもあり、とても好きな作業です。キッチリと調整しましたので、せいぜい可愛がってくださいね。

環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金を受け付け中です。支給額は10万円です。いったん今月末で締め切りますので、お早めに店頭、お電話、メールで問合せください。

スカッとします 22トンの威力 ブレイブ ログスプリッター

nikki1005111nikki1005112

 玉切りしてから1年以上経過した直径40センチクラスのクヌギ・・・。自分で言うのは何ですが、少々腕には覚えのある私が、切れ味抜群のグレンスフォシュの薪割り鎚を、ほぼ同じ所に数回ヒットさせました・・・が割れませんでした。
新しく入荷したバーモンターのヘビー級、限定品VT-12に持ち替えても・・・割れませんでした。
しかし、「ブレイブ ログスプリッター 22トン」にかかれば、ご覧の様に何の苦も無くメキメキメキッっと真っ二つです。
数年来放置していた樫やクヌギの玉切りや又の部分などの難物たちを一気に片付け、長年の胸のつかえが取れた様なスカッと爽快な気分になりました。
他の場所にも放置プレイ中の難物がありますので、それらもバキバキッっと割ってしまうつもりです。それらすべてやっつければ、ゆうに1ヶ月分以上はあるでしょうか。その時は喉に刺さった小骨が取れた様な、指に刺さった薪のトゲを「15倍ルーペ付トゲ抜き」で見事抜いた様な(くどい!)爽快感を味わうつもりです。

気候も良くなり、薪作りには絶好の時期ですが、玉切りのまま乾き過ぎた物や、木股部分や節のある物はそう簡単には割れませんから、どうぞ当ショールームまでご持参ください。この22トンでみごと割って差し上げます。当然無料です。その他にも、もっと小型の8トンタイプエンジン機や強力な電動100V用もラインナップしています。百聞は一見にしかず、どうぞご来店のうえ実物をご覧ください。

・ブレイブ ログスプリッター VH-2200GC   ¥491,400 (税込み)
・トゲ抜き (ファイヤーサイド社)               ¥1,680 (税込み)

環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金を受け付け中です。今月末で締め切りますので、お早めに店頭、お電話、メールで問合せください。次の冬には薪ストーブを・・・とお考えの方はぜひ。

ダッチウエストウエストジャパン御一行様ご来店

手にしているのはエンライトの記念鋳物プレートです
手にしているのはエンライトの記念鋳物プレートです

毎年恒例・春の九州ツアーで、ダッチウエストジャパン社の井上氏が新しいショールームに来店してくれました。

前回まではとっても狭いショールームで居心地も悪く、ゆっくり落ち着いてお話しが出来なかったためか、営業話もそこそこに夜の赤ちょうちんへとなだれ込んでいましたが、今回は新しく広くなったショールームで新製品・・・惜しくも消えてしまったエリートのペデスタルタイプが「エントリー ペデスタル」として復活・・・のこと、既製品に対する要望、まだまだマル秘なアレのこと、あんな話題やこんな噂で話が弾みまくって、ふと気が付けば時計の針は20時を指そうとしていました。

ということで今回赤ちょうちんは無し・・・なワケはなく、いつものところへ。旬の魚のお作りや大分名物とり天で乾杯したのは言うまでもありません。いやー実に楽しいひと時でした。

毎年、日本の北の端から南の端まで来てくれるのですから、ダッチウエストジャパン社のヤル気というか意気込みというか・・・ヒシヒシと感じています。その出張経費が無駄にならない様に頑張りますので、また来てくださいね。あっ、六花亭のお菓子をお忘れなく。

新発売 ダッチウエスト エントリー・ペデスタル FA244P (外気導入対応)  ¥207,900 (税込み)


環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金を受け付けています。
必要な書類等は当店にて準備しておりますし、詳しいご説明を致しますので、店頭で、お電話で、メールでも問合せください。
この冬には薪ストーブを・・・とお考えの方はぜひ。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top