Home > 九州薪ストーブ日記

メトス御一行様ご来店

nikki100214数組の方々にご来店のご予約をいただきながら、新ショールーム未完成のまま週末に突入してしまいました。
この土日2日間で7組の方々にご来店いただき、炎の揺れる薪ストーブの前でいろいろとお話をさせていただきました。ありがとうございました。 未完成ゆえバタバタしましたが、新ショールームはいかがだったでしょうか。
また、メトス社の薪ストーブ部門総本山、岩崎暖炉事業担当部長が突然ご来店されてクリビッテンギョウ! たまたまご来店いただいていた、 ドブレの640CBのオーナーとなられたばかりのお客様と交流をしていただきましたし、先日NHK教育で放送された、 「美の壷」の暖炉編の原稿を書かれた時の裏話なんかも聞くことが出来ました。
そんなこんなで、残すところキッチンとトイレの仕上げ工事と看板の設置のみとなりましたので、来週末は何とか完成に漕ぎ着けて皆様をお迎えできると思いま す。 どうぞご来店のご予約をいただき、「どれどれ、ナンボのもんかな・・・」と冷やかしにお出掛けください。お待ちしています。

アンコールに火が入りました

nikki100211新しいショールームの顔、バーモントキャスティングス社の「アンコール レッド」が設置完了し、めでたく火入れが完了しました。
このアンコールは新しい「エヴァーバーン」ではなく、触媒タイプのアンコールです。また、新色の「マジョリカブラウン」ではなく、以前からある「レッド」 です。
どちらもどちらにするか迷いましたが、やっぱり触媒機を焚いてみたかったことと、アンコールはやっぱり赤でしょう! と勝手に思い込んでいる自分を納得さ せてしまいました。
本体はあえて8インチ口元仕様、煙突は楕円スターターからすぐに二重筒に、そして天井化粧板までも耐熱の赤に塗装しましたから、上から下まで見える部分は 真っ赤っ赤(まっかっか)です。
これで当ショールームではヨツール社のF3との2台体制で、カウントダウン状態の新装開店を待つばかりとなりました。
「真っ赤っ赤も素敵そう・・・」と思われた方、店頭にて実物をご覧くださいませ。

新ショールーム もうすぐオープン

nikki100208まだかまだか・・・とお待たせしています、大分県内初、そして最大の本格的ショールームですが、あと少しでオープンの運びとなりそうです。
店内は9割方完成し、2台目の実演薪ストーブの設置とディスプレイを待つばかり。外部は看板がもうすぐ完成して取り付けられるはずです。
今週末には店内だけでも完成して、ご来店いただける様に追い込みをかけていますので、あと少しお待ちください。
進捗状況は随時お知らせいたしますので、当ホームページをチェックしてくださいね。

ファイヤーサイド御一行様ご来店

nikki100120本日、バーモントキャスティングス社の輸入元である長野県のファイヤーサイド社より、ポール社長、大澤専務、当店担当の菅沼氏の3名様御一行が、 九州ツアーでご来店くださいました。
生憎新しいショールームはまだ工事中で、バリッと完成状態を見せられなかったのはとても残念でしたが、あんな事やこんな事など、 いろいろなお話が出来てとても有意義でした。
このままでは心残りなので、リニューアルオープン時にはポール社長に再び来店いただき、「ポールの薪ストーブクッキング教室 at フエゴ でもやりましょうか!」 ・・・と怪気炎を上げたのですが、さてどうなることやら。
ポール社長のわがま・・・たってのご希望で、自宅近くの鎮守様である火男火売神社に参拝し、みんなで「もっと火(薪ストーブ)が売れます様に・・・」 と神妙にお参りしましたが、帰りには「私は運転しないよー」の社長特権で、お神酒をグビグビいただいておりました。
その後、大分のソウルフード「とり天が食べたい」というポール社長のわがま・・・たってのご希望で、なぜかメトス社のストーブが鎮座するとっても粋な料 亭に繰り出したのでした。
今年はショールームを広げてある意味勝負の年ですので、ファイヤーサイド社様をはじめ、各輸入代理店様、どうぞよろしくお願いいたします。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top