Home > 九州薪ストーブ日記

さよならイントレピッドⅡ

nikki200712長年バーモントキャスティング社小型ストーブの顔として頑張っていたイントレピッドⅡですが、とうとう生産終了となってしまいました。

本国アメリカでは既にモデルチェンジしており、外見はそっくりのイントレピッド・フレックスバーンとなっています。

新しいEPA(アメリカ合衆国環境保護庁)による規制をクリアするために、燃焼構造に変更が加えられて廃棄物量が少なくなっています。

ということは更に効率や燃費も良くなっていると思われますが、残念ながら今のところ日本での輸入・販売は予定されていません。

ぜひ新しいイントレピッドも日本発売を・・・と思いますが、「たくさん売ってくれれば考えるけどねー」と言われると無口になるフエゴです。

残るは日本国内在庫のみとなりますので、どーしても「イントレピッドじゃなければ」の方はお急ぎください。

当店にて主要な部分はバラにされて完璧に納品整備された後、ラップでグルグル巻きにされたこの個体もそんな熱い方からのご注文品で、設置当日まで当店倉庫にて熟成中です。

もう6月だけど薪ストーブカレンダー

nikki200610前回投稿のクヌギ原木は残量が少なくなってきました。

長さ1.8メートル前後で直径は10センチ位から20センチ以上までマチマチですが、太めの物から売れています。
価格は太さにより大まかに変えていますが、太めの物が少なくなりましたので少し値下げしています。

また、毎年好評の薪ストーブカレンダーですが、コロナウィルスの影響か取りに来られる方が少なくまだ残っています。
既に6月ですから半分未使用となりってしまいますが、イラスト集としてもとても素敵なので、ご希望の方はぜひご来店のうえゲットしてください。

何れもご来店いただく必要がありますが、最少人数でマスク着用のうえどうぞ。
悲しいかな、何もない時期でもご来店いただく方はすごく少ないので、この時期はなおさら店内で密になることは無いでしょう、悲しいですけど。

非常事態宣言解除、大分県下での感染者は全て完治ということですが、お気をつけてご来店ください。
消毒液常備、店内消毒、窓開放、マスク着用でお待ちしています。

クヌギ原木 持ってけ薪ストーブユーザー

nikki2005263月に実施して大好評だった乾燥薪の配布会に続き、今度は原木の有料配布会を行います。

今年5月に伐採したクヌギで、直径10センチから20センチ、長さを1.8メートルほどに切り揃え、枝を落とした真っすぐ気味の優良原木です。

長さが1.8メートルですから、軽トラックや軽バンでも積めます。
軽トラックなら30本ほどが積載重量のリミットでしょうか。

配布場所は当店駐車場で、引取り日時は私がショールームに居る時間ならご都合の良い時でOKです。

数に限りがあること、太さがマチマチなこともありますので、お早目の引き取りをお勧めします。 早い者勝ちということですね。

危険な伐採と困難な山からの搬出が不要ですから、ぜひこの機会にゲットしてください。
価格やサイズの詳細を含め、ご希望の方は先ずメールやお電話にてご連絡をお願いします。

ゴールデンウイークは庭火三昧

nikki200509前回日記で、自宅の庭でウェーバーグリルを使ったスマートBBQを紹介しましたが、その後も合計4回ほど庭での火を楽しみました。

ウェーバーグリルではベビーバックリブ、胡椒たっぷりの手羽先、マグロのテール丸焼き、さやえんどうやピーマンやズッキーニなどの野菜を丸ごと焼き、掘りたての甘藷で石焼き芋などなど・・・。

また、ピザ窯のKABTO(カブト)で美味しい(であろう)ピザもしました。

そして毎回の締めは日も落ちた頃のアウトドアストーブでの焚火でした。

他にも「Ozpig」(オージーピッグ)と呼ばれる薪火クッキングに特化したアウトドアストーブや、テーブルの真ん中で火を焚き、そのテーブルを囲んで薪火料理を楽しむ「ファイヤーボール」も。

これら庭で炭や薪にて火を楽しむことを「庭火」(にわか)と呼んでいますが、薪ストーブシーズンが終わった春以降も火を楽しみたい薪ストーブユーザーさんには強くお勧めします。

今はコロナウィルスによる自粛で必然的に自宅にて楽しむには好都合ですが、めでたく自粛解除になってもぜひ庭火を楽しんでいただきたいです。

当店ショールームに各種庭火グッズを揃えていますので、三密を避けるためにも事前予約にてご来店ください。

 

1 / 6112345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top