Home > 九州薪ストーブ日記

薪ストーブシーズン突入報告

nikki181117数日前にそろそろ日記を更新しなければと当店のホームページを開きましたが・・・「Not Found ページがみつかりません」とかなんとか表示され、えーっ。

どうやらサーバー側の都合で一時ホームページが表示されない事態になったみたいですが、数時間後には無事回復しこうして駄文をご披露しています。

閑話休題
我が家では既に薪ストーブシーズンに突入しましたが、皆様のお宅は如何でしょうか。
また、薪ストーブに火を入れるのか入れないのかの境界線はどこでしょうか。

マイルールではとりあえず帰宅時にリビングの室温が18度を下回っていたら「着けようかな・・・」とちょっと迷い、もっと下回っていたら迷わず着火となります。

今シーズン初日、それまで火の消えた薪ストーブの上に昇ったりしてい猫たちですが、ガラス越しの炎を見た途端その前に寄り添って、今年の3月16日の日記の状態となりました。

シーズン突入で火を入れたら「なんか変だな・・・」とか「あれっ おかしいぞ・・・」と感じましたらすぐにご連絡を。

では、この冬も楽しい薪ストーブライフをスタートしてください。

スマートな女神 ノルン降臨

nikki1810269月の日記にもアップした デンマーク HETA社の NORN(ノルン・北欧神話の女神) がショールームに降臨しました。
3種のスタイリッシュ・ストーブの真ん中が女神様です。

 当店の狭いショールームではより立派に見えますが、天板と左右両サイドにハースストーン(石鹸石)をまとっていることもあってその重量も230キロとなかなか立派です。

上部に備わったオーブンも通常の料理等には十分な広さで、30センチのピザもラクラク飲み込むほど立派です。

私が色々説明するより、百聞は一見に如かず・・・気になる方はぜひショールームにて実物に触れてみてください。
「すぐに買うわけじゃないけど・・・」な冷やかし大歓迎です。

この時期、シーズン直前の設置工事やメンテナンスでショールームが閉まっていることもありますので、冷やかす際は事前に電話やメールにて開いているかどうか確認の上、ぜひご来店ください。
お待ちしています。

今年の冬は寒いのでしょうか

nikki181001今年の夏は全国的に猛暑でしたが、このところ朝晩はめっきり肌寒くなってまいりました。

そうなると、今度の冬は寒くなるのか・・・が気になるところですが、チラッと見たネット情報ではラニーニャちゃんがどうの、エルニーニョさんがこうのでやや暖冬気味なのではとのこと。
 確かにここ九州でもこの先3ヵ月や来年3月までの長期予報では平年よりも暖かい・・・となっています。

うーん、前の冬がまあまあ寒かったので、薪ストーブ万歳 でしたが、やれやれちょっと残念ですが、薪が減らないことは良い点ですかね。

暖冬と聞いてホッとしたそこのあなた、さては薪の準備が上手く行かなかったのですね。
この冬は頑張ってたくさん薪を作り、次の次の冬に向けて一緒に厳冬を願いましょう。

そうなると久々に薪イベントも考えなければなりませんね。
あまりあてにぜすにお待ち下さい。

個人的には2年前の冬に雑木薪をたくさん作って準備万端ですから、どうぞ寒い寒い冬になってください・・・ですよ。

初秋の信州で北欧神話のNORNとLOGI詣で

nikki180916バーモントキャスティングス社製ストーブでお馴染み、ファイヤーサイド社が展開しているデンマーク HETA社の新製品研修のため長野県駒ケ根市まで行ってきました。

欧州では定番の鋼板製モデル、それにソープストーンをまとったモデル、またそれぞれで上部にオーブン室を備えたモデルもありました。

大まかには「スマートな女神 NORN(ノルン)」と「頼もしい火神 LOGI(ロギ)」の2つのシリーズで、これまで有りそうで無かったデザイン・機能でもあり、日本の薪ストーブ界に新しい流れを作り出しそうな予感がしました。
詳しいことは未だ公表されていませんが、おおっ これは! と思った方は当店までお問い合わせを。

翌日はロープウェーに乗って標高2611メートルの千畳敷カールをトレッキング。
あいにくガスがかかった天候でしたが、時折ガスが晴れて2956メートルの木曽駒ヶ岳他の山々がくっきりと望めました。
九州本土の最高峰は故郷大分の九重山で1791メートルですので、これまで経験したことのない高さにじわじわと感激しました。

その後、日本の神様 諏訪大社さんを詣でて立派な御柱を拝みましたが、今回はNORNと御柱の丸くて高い神様に御縁のある出張でした。

1 / 5012345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top