Home > 九州薪ストーブ日記

お家で楽しむ「庭火フェス」開催

nikki200903前回の日記から続きます。
自粛自粛のこんな時だからこそ、自宅の庭やガレージやベランダで、ご家族や親しい人達と、楽しくて美味しい時間を過ごしましょう。 ということで、そんな時間を過ごすための道具たちをご紹介するイベントを開催いたします。

まず、黒くて丸いでお馴染み、アメリカのウェーバー社製バーベキュー用「チャコール・グリル」、同じくロパンガスボンベにての本格的な「ガス・グリル」、キャンプ用のガスボンベで手軽に使える「キャンプ・グリル」、持ち運び可能で手軽に短時間で本格的なピザを焼くことができるピザ窯、「カブト」などをご紹介しながら実際に調理をするところもご覧いただきます。

次に、庭で安全に焚火を楽しめるアウトドア・ストーブ「Tipi ティピ」、庭はもちろんキャンプにも連れて行っていろいろな料理が楽しめるアウトドア・ストーブ「オージーピッグ」も実演展示しています。

その他、雨にぬれてもOKな常設できるアウトドア・グリル、本格的なカマド、ダッチオーブンなどのクッキング用品、そして背負って出掛けて自然の中でも楽しめるモバイル・サウナなどもご紹介します。

感染症対策をしてお待ちしていますので、マスクをしてお気軽にご来店下さい。 お待ちしています。

日時 9月13日 日曜日 10:00開始
場所 当店ショールーム
備考 予約不要 参加無料 駐車場もあります

ステイホーム お家で楽しい庭火三昧

nikki200816お盆なのに帰省が躊躇われるこの時期、外出自粛を逆手に取ってお家で楽しみましょう。
ということで、今回は豚の背中側のあばら肉 ベビーバックリブを焼きました。

バーベキューラブという魔法の粉をたっぷり振りかけ、下味を付けたらラップで包んで冷蔵庫に1時間。
チャコールをグリルの両サイドに分け、リブ肉をラックに立て蓋をしてじっくりと調理。
これが丸い蓋のあるウェーバーグリルの真骨頂、熱を対流させてゆっくりじっくり焼いていきます。

いい感じに焼けてきたら・・・ここまでで約2時間・・・バーベキューソースをたっぷり塗って更に焼きます。
そして再度バーベキューソースを塗ってふたを閉め、しばらくしたら画像の様に美味しそうなリブが出来上がり。
調理途中で薪割りの時に出たサクラやクヌギの木っ端をチャコールの上に置くと、いぶされて燻製っぽくなります。 時間を掛けてじっくり焼くと、あばら骨が肉からスルッと抜けます。

不要不急で出掛けられないなら、有要有休の庭火三昧といきましょう。
ウェーバーグリルやピザ窯カブト、オージーピッグにアウトドアストーブ等々、ステイホームで楽しむアイムを揃えていますので、ぜひ当店ショールームにお出掛けください。
時節柄、ご来店前にご連絡を。

コロナ禍時期のメンテナンス訪問について

nikki200804コロナウィルスがなかなか終息しませんが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

そんな中、メンテナンスにご自宅を訪問させていただく際の当店の取り組みをお知らせいたします。

まず、当店よりメンテナンス訪問を打診いたします。
感染予防の観点から訪問を希望なさらない場合はしばらく訪問を見合わせます。
訪問をお許しいただける場合、訪問スタッフの体調確認をしたうえで訪問いたします。
訪問スタッフは事前に消毒をしたうえで、マスクとビニール製手袋の着用をいたします。
作業中は同じお部屋に居られない様にお願いいたします。
作業後にその内容や問題点などをお話しする際もマスクを着用し、一定の距離を保ちます。
作業代金は後日の振り込みなどとし、出来るだけ現金のやり取りをしないようにいたします。

大まかに以上となりますが、他にもご要望に沿って出来る限りの予防措置を取らせていただきます。

これまでも基本的に防じんマスクと使い捨て手袋を着用していましたので、それ以外の点に気を付けながらコロナに負けず、来るべき薪ストーブシーズンに備えていただきたいと思います。

アグニ ヒュッテ 九州初お目見え

nikki200718岐阜県の老舗鋳物メーカー、株式会社岡本の鋳物製薪ストーブ アグニ ヒュッテ がフエゴショールームに仲間入りしました。
同社の3機種ラインナップ中の最小モデルで、幅が狭く前後方向が長いいわゆる「シガータイプ」です。

最大の特徴は、同社の売りである触媒・キャタリティック・コンバスターを備えていながらダンパー操作が不要な点で、それによりクリーンバーン燃焼方式の手軽さと触媒燃焼方式の高効率のいいとこ取りを狙っています。

また、他社製シガーモデルには無い専用のウォーミング・シェルフや、専用五徳も開発中な点がアドバンテージでしょうか。 「シガーモデルで料理を楽しむのは難しいね」をカバーしているのもおすすめできる点です。
その他の特徴はこれからバラバラに分解して探求・解明したいと思っています。

メーカー曰く、「九州でヒュッテを展示しているのはフエゴさんだけよー」とのことですから、同時に展示のAGNI-CC共々ぜひご来店のうえ実物を実感してください。 お待ちしています。

1 / 6212345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top