Home > 九州薪ストーブ日記

今年の冬は寒いのでしょうか

nikki181001今年の夏は全国的に猛暑でしたが、このところ朝晩はめっきり肌寒くなってまいりました。

そうなると、今度の冬は寒くなるのか・・・が気になるところですが、チラッと見たネット情報ではラニーニャちゃんがどうの、エルニーニョさんがこうのでやや暖冬気味なのではとのこと。
 確かにここ九州でもこの先3ヵ月や来年3月までの長期予報では平年よりも暖かい・・・となっています。

うーん、前の冬がまあまあ寒かったので、薪ストーブ万歳 でしたが、やれやれちょっと残念ですが、薪が減らないことは良い点ですかね。

暖冬と聞いてホッとしたそこのあなた、さては薪の準備が上手く行かなかったのですね。
この冬は頑張ってたくさん薪を作り、次の次の冬に向けて一緒に厳冬を願いましょう。

そうなると久々に薪イベントも考えなければなりませんね。
あまりあてにぜすにお待ち下さい。

個人的には2年前の冬に雑木薪をたくさん作って準備万端ですから、どうぞ寒い寒い冬になってください・・・ですよ。

初秋の信州で北欧神話のNORNとLOGI詣で

nikki180916バーモントキャスティングス社製ストーブでお馴染み、ファイヤーサイド社が展開しているデンマーク HETA社の新製品研修のため長野県駒ケ根市まで行ってきました。

欧州では定番の鋼板製モデル、それにソープストーンをまとったモデル、またそれぞれで上部にオーブン室を備えたモデルもありました。

大まかには「スマートな女神 NORN(ノルン)」と「頼もしい火神 LOGI(ロギ)」の2つのシリーズで、これまで有りそうで無かったデザイン・機能でもあり、日本の薪ストーブ界に新しい流れを作り出しそうな予感がしました。
詳しいことは未だ公表されていませんが、おおっ これは! と思った方は当店までお問い合わせを。

翌日はロープウェーに乗って標高2611メートルの千畳敷カールをトレッキング。
あいにくガスがかかった天候でしたが、時折ガスが晴れて2956メートルの木曽駒ヶ岳他の山々がくっきりと望めました。
九州本土の最高峰は故郷大分の九重山で1791メートルですので、これまで経験したことのない高さにじわじわと感激しました。

その後、日本の神様 諏訪大社さんを詣でて立派な御柱を拝みましたが、今回はNORNと御柱の丸くて高い神様に御縁のある出張でした。

バチ当たりだけどお盆も営業中

nikki180811暑い暑い日々ですが、皆様健康にお過ごしでしょうか。
夏が暑ければ暑いほどその冬は寒くなるそうなので、もうしばしあまり頑張らずに耐え凌ぎましょう。

この暑さでメンテナンスは小休止状態ですが、お盆明けから徐々に再開して行きます。
ただ、小休止している間により安全な煙突メンテナンスの方法を検討・開発していますので、完成次第皆様にお薦めして行こうと考えています。

いわゆるお盆期間中も営業していますので、ショールームにお出掛けいただける様でしたら事前にお電話、メールにてご予約をお願いいたします。
ご予約がゼロの場合はふて腐れて急遽休みとなるかもしれませんので、必ずご予約をお願いいたします。

画像は「アツイ、アツイ・・・」からパッと連想した、とても熱くなるネスターマーティン B-TOPの裏側でした。

荒れるネスターマーティン社ディーラー会議

nikki180729少し遅いご報告となりましたが、7月5日に京都の京阪エンジニアリング社さんにて開催されたネスターマーティン代理店会議に行ってきました。

当日はスペインから来日のネスターマーティン社社長直々に屋外にて燃焼実演をしていただく予定で、本場ヨーロッパの火の着け方や薪をくべるタイミングやくべ方等々興味津々、津々浦々でしたが、こともあろうに警報が出るほどの豪雨となってしまい、それら屋外イベントは中止となってしまいました。

急遽、京阪エンジニアリング社屋にての会議となりましたが、ネスターマーティン社製薪ストーブの理想的な運転方法の実演や同社ニューモデルの発表もあり、荒天を押して参加して良かったと思わせられる有意義な会議となりました。

帰りに乗った最終の新幹線はなんとか運行しましたが、翌朝始発便からは全運休となってしまい、めくるめく祇園の夜に後ろ髪を引かれつつ無理して帰って良かったなと思いました。
あっ、タイトルの「荒れるネスターマーティン・・・」は天候の事で、会議が紛糾した訳ではありません。

当店は大分県下で唯一のネスターマーティン社代理店で、店頭にて実演展示もしていますので、同社製品については何なりと問い合わせください。

1 / 4912345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top