Home > 九州薪ストーブ日記

恒例 薪ストーブカレンダー プレゼント

nikki19110911月に入りいよいよ薪ストーブシーズンが始まりますね。
すでに薪ストーブに火が入っているお宅もあるのではないでしょうか。

ショールームでは既にガンガン焚いていますし、自宅も夜の2、3時間だけ焚いたりしています。

さて、毎年恒例の薪ストーブカレンダーが入荷しました。
今回もお馴染み 水彩の楽描家 伊東孝志さんによる素敵なイラストがお部屋を暖めてくれます。

今年は「ミズナラ、巡るエネルギーと命の物語」と題し、ミズナラのどんぐりが動物によって運ばれ、芽吹き、四季を経て成長し森を育み、やがて大木となって薪となり我々を暖めてくれる・・・でしょうか。

画像は11、12月の分ですが、色づいた葉で描かれたクリスマス・リースです。
この画像にてシーズンのご挨拶とさせていただきます。(手抜きか)

このカレンダーをショールームにお出掛けいただいた方に先着順でプレゼントいたします。
「カレンダーちょうだい!」と元気よく声を掛けてください。 数量限定です。 お待ちしています。

ハースストーンの良いところ トウルーハイブリッド

nikki191030ハースストーン社のあるアメリカでは、アメリカ合衆国環境保護庁 EPAにより薪ストーブの燃焼効率にも環境基準値が設定され、それを満たさなければ製造販売ができません。

2020年には更に厳しい基準が課せられますが、現在発売中のストーブの中にはその基準を満たしていないモデルもあります。
それらのモデルは改良されて発売されたり、あるいは生産終了となるモデルも。

ハースストーン社のソープストーン製各モデルも順次触媒を備えた燃焼構造に改良されて発売されます。
日本国内では既に改良されたキャッスルトンが「キャッスルトン・トウルーハイブリッド」という名前で発売されていています。

当店でもトウルーハイブリッドをみっちり焚いてみましたが、使い心地や燃え方は現行モデルとあまり変わらず、触媒を備えていることをそれほど意識させませんでした。
更に上手にダンパーを使いこなして触媒を作用させれば、ただでさえ長時間燃焼が得意なのによりゆっくり燃焼して、ソープストーンモデルの特徴をより際立たせてくれました。

画像は新たに備わったダンパーレバーを閉じた状態で、その上の温度計の白いレンジ内に針があれば触媒が良好に作用中です。

ちょっぴり残念なのは触媒やダンパー機構部分が増えたため、少し価格がアップしたことでしょうか。
でも他の鋳物モデルでは味わえない特徴的な外観と、独特で穏やかな暖かさを求める方はこれで決まりです。
当店は大分県下唯一のハースストーン・ディーラーです。 お気軽にご相談ください。

当店はキャッシュレス消費者還元事業店舗です。

キャッシュレス・消費者還元事業

nikki19101810月1日から消費税が10パーセントになり、それに伴うポイント還元制度もスタートしましたが、当店もキャッシュレス消費者還元事業店舗です。

現在はクレジットカード各社、Pay Payと楽天ペイのQRコード決済に対応しています。

消費税が2パーセントアップしたけど、キャッスレスでの支払いならポイントが5パーセント分戻ってくるので、消費税が8パーセントの時より差し引き3パーセント分お得だね・・・ということです。

還元を受けるための使用条件は当店の場合、多くのクレジットカード会社では1回の決済金額及び1か月間の還元対象額は30万円まで。
Pay Payと楽天ペイは1か月間の還元対象額は50万円までですが、1回あたりの決済金額はその方のチャージやランク等でまちまちとのことなので、自身の状況をチェックしてみてください。

ということで、当店では薪ストーブ本体、とか煙突部材とか、Weberグリルとか、薪ストーブ関連のアクセサリーとかの高額商品をお買い求めいただく場合にとってもお得になります。

欲し物があるんだけど消費税が上がったから・・・と迷っている方はこの機会のぜひご来店ください。

Weberグリル ミニイベント

nikki191015Weberグリルを使ったスマートバーベキュー 店頭ミニイベントありがとうございました。

前回のイベントでも失敗してしまいましたが、今回もまた・・・痛恨のミスでいい画像がありません。

急遽メニューに加えた丸鶏の焼き上がりビジュアルがお見事過ぎてテンションが上がってしまい、写真を撮ることをすっかり忘れて即切り分けてしまいました。 ごめんなさい。

仕方ないので、前菜のトルティーヤチップスとサルサソースの画像で許してください。

でも丸鶏があまりに美味し過ぎて、チャコールグリルやチムニースターター等一式をご購入いただき、「早速自宅でやってみるよ」となったお客様も居られたのでまあOKとしてください。

さあ、これからは薪ストーブのトップシーズンとなります。
店内のレイアウトも薪ストーブ主体に変更して皆様をお待ちしています。

気温と気分によっては展示ストーブに火を入れますので、ちょっとでも興味のある方はぜひご来店ください。

1 / 5612345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top