Home > 九州薪ストーブ日記

頼もしい火神 ロギ 降臨

nikki18121610月26日の日記にてHETA社のニューモデル ノルン オーブン・ソープストーン を紹介しましたが、それと同時に発売となった ロギ ソープストーンが入荷しました。

ご覧の通りノルンより横幅が大きく50センチ長の薪がゆっくり入ります。

すごく重い天板面と両サイドのソープストーンにより、高い蓄熱性はもちろんその外観も堂々としていて、まさに力強い火の神といった佇まいです。

実際に焚いてみると、ガラス面が大きい事もあってダイナミックでとってもすばらしい燃え方でした。

スマートであるが故長い薪が入らず、一度の薪投入での燃焼時間短めないわゆるモダンタイプの外観ではあるけれど、従来のクラシックタイプ薪ストーブと同様の薪長と投入頻度でゆったりと焚けるモデルです。

現在ショールームに展示品している10数台の中でも最大の外観サイズで、見るからに立派で頼もしい薪ストーブですよ。
是非ご来店いただき見て、触ってみてください。

おっと、左に見切れているシルバーの物体は、冬キャンプの必需品 ノルウェーのGストーブというテント用ストーブです。
薪火で暖かい・・・をキーワードに、こんなのもあったりします。
 

AGNI ブラウン色入荷・・・希少種ですね

nikki181207只でさえめずらしい岡本社のAGNIなのに、更に希少なブラウン色バージョンが入荷しました。

九州では最初期からAGNIをご紹介している私でさえ実物を見るのは2度目ですから、一般の方はもちろん、他の薪ストーブ屋さんにしてもレア中のレアなモデルでしょう。

今ならショールームにてご覧いただけますし、レギュラーのブラック色も常時展示していますので、AGNIご検討中でしたらぜひご来店のうえ2つのモデルを見比べてみてください。

写真が下手で真の姿をお見せ出来ているのか・・・ですが、まるでチョコレートで出来ている様で、思わずゴクリッとツバを飲み込みますよ。

いつもはのんびり営業している当店ですが、さすがにこの時期はそれなりに忙しくて不在の時もありますので、ご来店いただく際は事前に「ショールームは開いてるかー」とご連絡・ご確認をお願いいたします。

えーっと、めずらしいとかレアとか希少とか、岡本さんごめんなさい。

薪ストーブシーズン突入報告

nikki181117数日前にそろそろ日記を更新しなければと当店のホームページを開きましたが・・・「Not Found ページがみつかりません」とかなんとか表示され、えーっ。

どうやらサーバー側の都合で一時ホームページが表示されない事態になったみたいですが、数時間後には無事回復しこうして駄文をご披露しています。

閑話休題
我が家では既に薪ストーブシーズンに突入しましたが、皆様のお宅は如何でしょうか。
また、薪ストーブに火を入れるのか入れないのかの境界線はどこでしょうか。

マイルールではとりあえず帰宅時にリビングの室温が18度を下回っていたら「着けようかな・・・」とちょっと迷い、もっと下回っていたら迷わず着火となります。

今シーズン初日、それまで火の消えた薪ストーブの上に昇ったりしてい猫たちですが、ガラス越しの炎を見た途端その前に寄り添って、今年の3月16日の日記の状態となりました。

シーズン突入で火を入れたら「なんか変だな・・・」とか「あれっ おかしいぞ・・・」と感じましたらすぐにご連絡を。

では、この冬も楽しい薪ストーブライフをスタートしてください。

スマートな女神 ノルン降臨

nikki1810269月の日記にもアップした デンマーク HETA社の NORN(ノルン・北欧神話の女神) がショールームに降臨しました。
3種のスタイリッシュ・ストーブの真ん中が女神様です。

 当店の狭いショールームではより立派に見えますが、天板と左右両サイドにハースストーン(石鹸石)をまとっていることもあってその重量も230キロとなかなか立派です。

上部に備わったオーブンも通常の料理等には十分な広さで、30センチのピザもラクラク飲み込むほど立派です。

私が色々説明するより、百聞は一見に如かず・・・気になる方はぜひショールームにて実物に触れてみてください。
「すぐに買うわけじゃないけど・・・」な冷やかし大歓迎です。

この時期、シーズン直前の設置工事やメンテナンスでショールームが閉まっていることもありますので、冷やかす際は事前に電話やメールにて開いているかどうか確認の上、ぜひご来店ください。
お待ちしています。

1 / 5012345...102030...最後 »

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top