Home > 九州薪ストーブ日記

火の神 アグニ

nikki190217日本国内製造の鋳物製薪ストーブであるAGNI アグニ です。

製造元の岡本さんには薪ストーブ業界に参入したばかりの頃から数度お邪魔しましたが、数年前には日本暖炉ストーブ協会にも加盟して、その知名度や製品の評判は着実に広がっている様です。

現在当店ショールームには 45センチの薪が入る AGNI-CC、55センチの薪を飲み込む大型のAGNI-Cのどちらも展示していますので、是非ご来店の上実際に比べてみてください。
百聞は一見に如かず、カタログでは判らない点やAGNI-Cが以外に大きいことも実感できると思います。

因みにAGNIは古代インド神話での火の神のこと、-Cはキューブ(立方体・角砂糖)のこと、-CCはキューブ・コンパクト すなわち小さい角砂糖ですね。

現在ショールームには以前ご紹介したHETA社 NORN(ノルン 北欧神話の女神)のソープストーンモデルで、オーブン付きモデルと無しモデルの2台もありますから、狭い店内は神様だらけといった塩梅で、何かとてもありがたいです。

メンテナンス勉強会に参加して

nikki190131先日、名古屋にて日本暖炉ストーブ協会の若手協会員による「メンテナンス勉強会」が開催され、それほど若手でもない私も参加してきました。

メンテナンスがやや難しめの薪ストーブをまな板に載せ、腕に覚えのある薪ストーブ屋さんが代表して実際にメンテナンスをしがら、周りでその他の皆で喧々諤々、あーでもないこーでもないと議論しました。

同協会の青年・女性部会が主催なので、老舗薪ストーブ店の二代目やスタッフ、このところ創業した新しめだけどやる気満々の薪ストーブ店主さんなどが主な参加者でしたが、皆さん若いからなのかやや大人しい方が多かった様な。

正直私は年齢オーバーでしたが、折角遠くから参加したので「枯れ木も山の賑わい」よろしく、いろいろと発言し掻き混ぜましたので、もしかすると「うるせえオヤジやな・・・」と思われたかも。

2日間に及んだその内容はとても参考になり、早速取り入れたノウハウもありました。
また、若い人からエネルギーも戴いたので、これからもますます進化していきます。
まーだ若いもんには負ける気はありませんから。

新元号の年も楽しい一年でありますように

nikki190101明けましておめでとうございます。

ご家族、ご親戚の皆様と薪ストーブを囲んで、楽しくて暖かいお正月をお過ごしのことと思います。

今日も当地は良い天気で日中は薪をくべ足すことはありませんでしたし、予想通りの暖冬でちょっと物足りませんが、「薪があまり減らなくていいねっ」とポジティブ思考で過ごしましょう。

この一年が皆様にとってより良い一年でありますように願っています。

春には元号が変わるというのに、当店は相も変わらず「安全で・楽しくて・暖かい」薪ストーブのある暮らしをお届けすべく、6日 日曜日より元気に営業しています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成最後の年末ご挨拶

nikki181228今年もたくさんのお客様とご縁をいただきました。

「はじめまして」の皆様にも、「いつもお世話になっています」の皆様にも、とてもとても感謝しています。
そのどちらの皆様も、また来るべき年に出会えるはずの皆様もどうぞ良いお年をお迎えください。

来年は新しい元号に変わりますし、10月には消費税が10パーセントになるので、お客様も商売人も色々と慌ただしい一年になるかも知れませんが、薪ストーブのある暮らしは相変わらず楽しく、ゆっくり、のんびりと送れればいいなと思っています。

さて、新年は6日 日曜日からの営業です。
たくさんの素晴らしい出会いがあります様にと願いながら、ショールームのシャッターを下ろして閉店ガラガラです。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top