Home > 九州薪ストーブ日記

薪棚探訪 その五十七 独立した薪棚

nikki180624同じサイズの5つの独立した薪棚が整然と並んでいます。

幅1800ミリ、高さ1800ミリ、屋根の長さ1800ミリ、奥行き900ミリ、とここまでで勘のいい方はお判りでしょう。
そう、長さ1800ミリの木材で構成された薪棚です。

1800ミリの木材をたくさん調達して最低限の切断加工で組み立てれば、手間と材料の無駄を省いた薪棚の完成です。
屋根が大きめで薪が濡れにくいことや、日当たりが良く風通しも良い場所であることも素晴らしいですね。

ひと棚でおよそ2立方メートル収納として、奥から2番目はほぼ空なので合計8立方メートルほどの量ですが、触媒モデルのオーナーさんにとっては、2シーズン分ほどの蓄えとなるでしょうか。
実は写真の外にも形の悪い薪や原木がゴロゴロと有ったりします。

「なぜ連続して建てなかったのですか」とお尋ねしたら、「間をあければ2列に積んだ後ろ側の薪も取りやすいからですよ」とのこと。
うーん、これも素晴らしいですね。

薪棚が倒れない様に地面向けた突っ張りも含め、大拍手95点の薪棚でした。
えっ、残り5点ですか。 薪棚の底がちょっぴり地面に近くて、湿気が上がりやすいかも・・・でしょうか。
 

さあ、メンテナンスの時期です

nikki180614先日開催したメンテナンス講習会は、あまり良くない天候にも関わらず当方の予想を超えるご出席をいただきました。 ありがとうございました。

雨の予報で煙突のメンテナンスのご説明が出来ないだろうと予想し、屋根の下で出来る薪ストーブ本体のメンテナンス講習を主としましたが、特にバーモントキャスティングス社製薪ストーブのユーザー様には有意義な講習会となったのではと思います。

ただ、それ以外のメーカー製薪ストーブのユーザー様には不満の残る講習会となってしまいましたし、予定していたBRAVE社製薪割り機、キンドリングクラッカー、ポップコーンポッパー等のデモンストレーションもやや消化不良となってしまいました。
次回は充分に準備しますので、またご出席いただければと思います。

さて、メンテナンス講習会にご出席いただけなかった方々も、寒かった日々に頑張ってくれた薪ストーブに感謝を込め、年に一度の薪ストーブと煙突の点検・清掃をお願いします。
メンテナンスの方法でご不明な点は何なりとご相談ください。

また、煙突ブラシ・ロッド等の掃除用品、触媒・ガスケットロープ等の消耗品、耐熱ボンド・ガラスクリーナー・ストーブポリッシュ等のメンテナンス用品も店頭にて販売していますので、是非ショールームにもお出掛けください。

当店によるメンテナンスをご希望の方はお早めにご依頼ください。
ご希望の時期等をお聞きして、順次お伺いいたします。
秋以降はご依頼が増え、ご希望の日時に添えない事がありますので、ぜひ秋前まで早い時期にご依頼くださるようお願いいたします。

ハースストーンの良いところ 続き

nikki180529ハースストーン社モデルのすごく冷めにくい事の良さは3月16日でも記しましたが、いわゆる燃費もなかなかいいね!という印象でした。

クリーンバーン燃焼モデルは触媒を備えたモデルに比べ燃費や効率があまり良くないと言われますが、我が家では前シーズン使った触媒を備えたモデルを焚いた時と比べ、薪の使用量はそれほど増えた様には感じられませんでした。

正確に計測した訳ではありませんが、せいぜい1割ほどは増えたかな・・・という程度でしょうか。
寧ろ、この冬はその前の冬に比べて寒い日が多かったことを考えると、なかなか良い燃費と言えるかもしれません。
 まあ、薪の消費量が1割多いのなら、1割多く切って、割って、積んで、乾かせば良いと考えましょう。

自宅での薪ストーブはお酒をいただいたりしてのリラックスモードなので、あまり厳密に正確に焚いているわけではありません。
なので、薪の使用量などその感想にも突っ込みどころ満載とは思いますが、逆に普通のユーザー様の感想に近いのでは・・・と思います。


さて、乾燥薪プレゼントキャンペーンもあと1ヵ月、まだ間に合いますからどうぞご決断を。

ゴールデンウィークの営業について

nikki180417先ず、恒例の「乾燥薪1トンプレゼント・キャンペーン」を展開中です。
詳しくは前回の日記をご覧ください。

さて、ここ数日変に寒い日があったりしましたが、そろそろ薪ストーブシーズンも終了したのではないでしょうか。
そうなると次はメンテナンスですが、切羽詰まる前のこの時期に実施なさることをお勧めします。
薪ストーブ本体にて要交換部分等が発生した場合も余裕を持って修理出来ますから。 
部品の発注等はご連絡のほどを。

また、メンテナンスを当店にご依頼いただく場合は、この時期にご依頼頂けますとご希望に沿った日時にお伺い出来ます。
例年秋風が吹き始めると、急遽のメンテナンス依頼や冬に向けての設置ご依頼が増え、ご希望に沿うのが難しくなりがちです。


当店のゴールデンウィーク中の営業日ですが、5月に入って3日、4日、5日はお休みとさせていただきます。

その他は元気に営業していますが、メンテナンス等で半日営業や全休日になったりしますので、ご来店の際は事前に「開いてるかー」とお問い合わせをお願いします。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top