Home > 九州薪ストーブ日記

クリスマスマーケット イン オオイタ 2017

nikki171209数年前に新装となった大分駅の北口広場にて2年前から開催されている表題イベントに、今回から当店も参加させていただいています。

前面に扉の無い解放型の薪ストーブに火を入れて、通りかかった方々にひととき炎の暖かさを実感していただいていますが、 最近流行りつつある「ヒタ社 ティピ」や「ヨツール社 テラッア」などのアウトドアストーブみたいな感じですね。

高い屋根の屋外ゆえ、かなり近づかないと体中がポカポカ・・・とはゆきませんが、行き交う方々は炎が見えた途端に自然と近づいてきて、凍えた掌を炎にかざしながら「あー 暖かいねー」と一様に幸せそうな顔をします。
これこそが炎や薪火の真骨頂だよね、と再確認中です。

このイベント自体は25日まで毎日開催されていますが、当店は基本的に土日のみの出店です。
イベント全体を盛り上げる・・・という程ではありませんが、枯れ木も山の賑わいとしてのんびり焚いています。

暖かい食べ物やホットワインなどもバラエティ豊かに販売されていますし、地元アーチストさんらによるステージイベントも行われていますので、ぜひご家族お揃いでお出掛けいただき、掌を暖めていってくださいね。

薪ストーブシーズン突入

nikki171125さあ待ちに待った冬がすぐそこに、そして薪ストーブのシーズンが始まりました。 パチパチ・・・・。

 ここ数日の寒さで皆様も既に薪ストーブに火が入っていると思いますが、実はこの時期になってメンテナンスのご相談をいただいたり、メンテナンス道具や補修用品のお問い合せをいただいたりすることも。

当店の様な零細薪ストーブ店でもこの時期は忙しくさせていただいていて、予定表の空白部分は少なめですから、メンテナンスのご依頼を今日いただいて明日お伺い出来る・・・なんてことはまずありません。

すぐにも焚きたいところを数日お待たせすることとなりますし、部品の交換が必要となる場合、主要な部分で無い物はメーカー・輸入元からお取り寄せ後にお伺いすることになりますので更に数日お待たせすることになります。

常々お知らせしていますが、メンテナンスのご依頼はぜひお早目に・・・出来れば薪ストーブシーズン終了後の春先に・・・ご連絡・ご用命いただければ、ご都合に合わせてお伺いします。

これを見てドキツとした方、すぐにご連絡の程を。

では、正しくメンテナンスされた薪ストーブで、安全で、楽しくて、暖かい冬をお過ごしください。

セルフメンテナンス

nikki170927朝晩涼しくなり、秋の虫の鳴き声やキンモクセイが香る時期となりましたが、薪ストーブシーズンに向けての準備はお済でしょうか。

年に一度の薪ストーブ本体や煙突のメンテナンスですが、本格的に寒くなる前の早めの実施をお勧めします。

当店ではセルフメンテナンス・・・ユーザー様自身による薪ストーブや煙突の維持管理・・・を大前提に、初めてのシーズンが終了後に「安心パック」を実施してメンテナンスのノウハウをお伝えしてきましたが、2年目のシーズン後からはご自身でのメンテナンスが基本となります。

複雑な構造部分や大掛かりな部品交換が無ければそれ程難しい作業ではありませんし、より容易に安全にメンテナンス出来る様な設置や煙突構成にしていますので、ぜひお早目に実行してあげてください。

 「メンテナンスしていたらなんか変・・・」とか、「バラしたのはいいけど元に戻せなくなった・・・」なんて時には当店にSOSを頂けばお助けに参上しますので、大船に乗ったつもりでセルフメンテナンスを!

わずか2、3時間のメンテナンスで一冬中ご機嫌に家族を暖めてくれますから、暖かく過ごした前の冬の感謝を込めてメンテナンスしてあげてください。

スキルアップの旅2編

nikki170806去る6月21日に長野県にあるハースストーン社やヘルゴン社製薪ストーブの輸入元である長野総商にての代理店会議に行ってきました。

両メーカーより社長や担当者が来日されていて、製造メーカーのお話をいろいろと聞くことが出来ました。
また、ハースストーン社のソープストーン製ストーブの割れてしまった石パネルの交換方法のノウハウをより具体的に学びましたので、今後はより自信を持って販売やメンテナンスを行うことが出来ると確信しました。


続いては、8月4日に京都のネスターマーティン社製薪ストーブの輸入元である京阪エンジニアリングにてディーラー会議があり、新しい薪ストーブや新たに発売される薪ストーブ用の対震装置を見てきました。

注目の対震装置は、京都大学にての起震装置による過去に起きた大地震のデータに基づく実験など、長い時間と多くの手間やコストを掛けて開発されたとのことでした。

同社は製造メーカーではなくいち輸入元でありながら、欧米の薪ストーブを積極的に日本の風土や習慣に合わせ様とする姿勢はたいへん素晴らしく、それらを販売する者としても安心してユーザー様に紹介で出来ると確信しました。

当店は上記メーカーと2社輸入元の製品における大分県内唯一の正規ディーラーです。
その代表的な薪ストーブをショールームにて展示していますし、今後もその正しい普及とアフターケアに務めていきますので、どうぞ何なりとご相談ください。

 

画像は長野総商取扱いのイタリア ラ・カステラモンテ社製 スタックウッド。 うーん、欲しい! 

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top