Home > 九州薪ストーブ日記

日本暖炉ストーブ協会の正会員となりました

nikki100301ご報告が遅れましたが、当店も本年1月1日より法人となって再出発いたしました。
「これで財務体質が・・・、対外的な信用が・・・」などはさて置いて、更により良いサービスをご提供するために、3月1日より「日本暖炉ストーブ協会」の 正会員となりました。
ここは日本国内で唯一の業界団体で、加入業者は定期的に最新の法令を学んだり、安全な施工法を習得するための講習会に参加できます。
また、新しい施工技術や新製品の情報もリアルタイムに収集出来たり、向上心のある同業他社との横のつながりも増えて技術的なことや市場の動向などの情報交 換が出来るなど、 当協会に加盟する事はとても有意義なのです。
同時に、当店にて設置工事をさせていただいた物件において、万が一の・・・決してそんな事があってはなりませんが・・・火災や漏水事故に対する責任賠償保 険、 いわゆるPL保険にも加入いたしましたので、お客様にはこれまで以上の安心をお届けできると思います。
大切な部分はキッチリと、けれど薪ストーブユーザーとしてのユルーい部分も忘れずに、今年も頑張ります。って何だか新年の挨拶みたいになりましたが、どう ぞよろしくお願いいたします。

大分初上陸! BRAVE ログスプリッター

nikki100227この度、エンジン式ログスプリッターではアメリカ国内シェア ナンバーワンと言われるBRAVE社製品において、九州の薪ストーブ店としては初めての正規 販売店となりました。
同時に実演展示品として、日本国内では一番人気の「VH-2200GC 22トンモデル」を導入しましたが、その実力は・・・凄い! 圧倒的です! 割れ ない木は無いのではと思わせるそのパワーに、 100Vの電動薪割り機で「5トンは・・・、6トンなら・・・」と言っていたのは何だったのか・・・という感じです。
取扱い開始記念キャンペーンの第一弾といたしまして、ニッチもサッチもどうにもブルドック・・・な、どうやっても割れずにギブアップした木の股や節の部分 の玉切りが庭の隅に転がっている方、 どうぞその厄介者を当店までお持ちください。見事に割って無事に薪としてお持ち帰りいただきます。もちろん無料ですので、どうぞご来店いただく場合は事前 にお問合せのほどを。
キャンペーン第一弾の反応次第で、第二段、第三弾も予定していますので、乞うご期待

フエゴショールーム リニューアルオープン!

nikki1002201nikki1002202

大分県下初の薪ストーブ専門ショールームが、新しく、そして広くなってオープンしました。
今までの3倍以上の広さになり、実際に火を入れてご覧いただけるストーブもこれまでの「ヨツール F3」に加え、 「バーモントキャスティングス アンコール(触媒タイプ) レッド」の2台となりました。それぞれの薪ストーブに合わせたインテリアで、 ご家庭のリビングを再現した提案型の展示としていますので、「これから薪ストーブを・・・」とお考えの皆様にとっても参考になると思いますし、 薪ストーブが身近に感じられると思います。また、展示ストーブも6台に増えて合計8台となりましたが、広くなった分ゆったりじっくりご覧いただけると思い ます。
また、各メーカーのアクセサリー・・・ファイヤーツール、ウッドバケツ、スチーマー、アックス、ハースラグ、ロッジやストウブのオーブン、南部鉄器等 々・・・ たくさん取り揃えていますので、実際に見て、触れてください。
広く新しくなりましたが、これまで同様設置工事や現地調査等で不在の場合は閉店になることもございます。事前に「開いてますか?」とお問合せの上、 どうぞご家族お揃いでお出掛けください。お待ちしています。

メトス御一行様ご来店

nikki100214数組の方々にご来店のご予約をいただきながら、新ショールーム未完成のまま週末に突入してしまいました。
この土日2日間で7組の方々にご来店いただき、炎の揺れる薪ストーブの前でいろいろとお話をさせていただきました。ありがとうございました。 未完成ゆえバタバタしましたが、新ショールームはいかがだったでしょうか。
また、メトス社の薪ストーブ部門総本山、岩崎暖炉事業担当部長が突然ご来店されてクリビッテンギョウ! たまたまご来店いただいていた、 ドブレの640CBのオーナーとなられたばかりのお客様と交流をしていただきましたし、先日NHK教育で放送された、 「美の壷」の暖炉編の原稿を書かれた時の裏話なんかも聞くことが出来ました。
そんなこんなで、残すところキッチンとトイレの仕上げ工事と看板の設置のみとなりましたので、来週末は何とか完成に漕ぎ着けて皆様をお迎えできると思いま す。 どうぞご来店のご予約をいただき、「どれどれ、ナンボのもんかな・・・」と冷やかしにお出掛けください。お待ちしています。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top