Home > 九州薪ストーブ日記

薪ストーブの補助金 受付中

nikki100318環境省による薪ストーブ等の導入設置に対する補助金ですが、当店でも来る4月1日から始まる平成22年度分の申し込みを受付けています。
環境省への申請業務を担当していただく「NPO法人九州・自然エネルギー推進ネットワーク」さんによると、民主党による厳しい事業仕分けも無事くぐり抜けて、 「平成22年度も補助金は出る様です・・・」とのことです。ただ、予算の総額は減らされたとのことですから、いわゆる早い者勝ちということになりますので、 4月早々には一括して申請をするために早くも募集をいたします。
また、予算の総額が減らされたということは、その支給額も気になるところです。今年度は一件あたり20万円の補助がありましたが、さて来年度の支給額は果たして・・・。
当店々頭にて申込書類一式を揃えていますので、薪ストーブをご検討中で補助金をお受けになろうと思われる方は、どうぞお早めにお問い合わせください。

トコナメエプコス御一行様ご来店

nikki100313ノルウェーが世界に誇る「ヨツール社」の日本における輸入元であるトコナメエプコス社、薪ストーブ部門の中馬部長御一行様が、新しくなったショールームにご訪問くださいました。
折しも全国的に寒波襲来で、ここ別府でも雪が降りましたので、ショールームのF3を朝から全力運転してお出迎えいたしましたが、「おーっ、3番を燃やしているんですね!」と少々感激しておられました。
あれやこれやと有意義なお話をした後、毎度おなじみ大分のソウルフード「とり天」の昼をご一緒して、駅までお送りしましたが、ショールームに帰るとお客様がご来店されていて、 あにはからんや弟はかるや・・・、タイムリーにもF500でのお見積り依頼をいただきました。
同行の新人営業ウーマンが寒波と共にお客様を連れてきてくれた様で、嬉しいやらありがたいやら・・・。 丁寧なお見積りで必ず受注させていただきますので、花村さん、しばし注文をお待ちくださいませ。
今週末と次の連休も店番をしていますので、皆様もどうぞショールームに遊びに来てくださいね。お待ちしています。

ファイヤーサイド社の主要販売店となりました

nikki100306バーモントキャスティングス社製薪ストーブの輸入元として、また薪ストーブ大好きなアメリカ人社長でも有名なファイヤーサイド社の大分県下主要販売店として登録されました。
新しいショールームでは「触媒式アンコール」のレッドを、自宅ショールームでは「レゾリュート・アクレイム」のレッドを焚いていますし、 展示品として「イントレピッドⅡ」のレッドと「アンコール・エヴァーバーン」のクラシックブラックを展示していますから、展示品全体に対する割合はグンと高いですね。 ふと気が付けばレッドばかりですが、赤いストーブといえばバーモントキャスティングス、バーモントキャスティングスといえば赤いストーブだと勝手に思い込んでいますので、これはこれで良しです。
近頃、魔女リカ・・・いやマジョリカ・ブラウンもグングン売れているので、実はこちらもちょっと気になっています。これ以上展示スペースが無いので薪ストーブは置けませんが、 せめて・・・と同色の「ストーブトップ・スティーマー」を展示しています。私みたいにこの色が気になっている方は、是非ご来店いただき、ご参考になさってください。
当店が紹介されているのは・・・ファイヤーサード社 http://www.firesidestove.com/ の「主要販売店一覧」のページです。店内外の画像と地図も掲載されていますので、是非覗いてみてください。

日本暖炉ストーブ協会の正会員となりました

nikki100301ご報告が遅れましたが、当店も本年1月1日より法人となって再出発いたしました。
「これで財務体質が・・・、対外的な信用が・・・」などはさて置いて、更により良いサービスをご提供するために、3月1日より「日本暖炉ストーブ協会」の 正会員となりました。
ここは日本国内で唯一の業界団体で、加入業者は定期的に最新の法令を学んだり、安全な施工法を習得するための講習会に参加できます。
また、新しい施工技術や新製品の情報もリアルタイムに収集出来たり、向上心のある同業他社との横のつながりも増えて技術的なことや市場の動向などの情報交 換が出来るなど、 当協会に加盟する事はとても有意義なのです。
同時に、当店にて設置工事をさせていただいた物件において、万が一の・・・決してそんな事があってはなりませんが・・・火災や漏水事故に対する責任賠償保 険、 いわゆるPL保険にも加入いたしましたので、お客様にはこれまで以上の安心をお届けできると思います。
大切な部分はキッチリと、けれど薪ストーブユーザーとしてのユルーい部分も忘れずに、今年も頑張ります。って何だか新年の挨拶みたいになりましたが、どう ぞよろしくお願いいたします。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top