Home > 九州薪ストーブ日記

ダッチウエストウエストジャパン御一行様ご来店

手にしているのはエンライトの記念鋳物プレートです
手にしているのはエンライトの記念鋳物プレートです

毎年恒例・春の九州ツアーで、ダッチウエストジャパン社の井上氏が新しいショールームに来店してくれました。

前回まではとっても狭いショールームで居心地も悪く、ゆっくり落ち着いてお話しが出来なかったためか、営業話もそこそこに夜の赤ちょうちんへとなだれ込んでいましたが、今回は新しく広くなったショールームで新製品・・・惜しくも消えてしまったエリートのペデスタルタイプが「エントリー ペデスタル」として復活・・・のこと、既製品に対する要望、まだまだマル秘なアレのこと、あんな話題やこんな噂で話が弾みまくって、ふと気が付けば時計の針は20時を指そうとしていました。

ということで今回赤ちょうちんは無し・・・なワケはなく、いつものところへ。旬の魚のお作りや大分名物とり天で乾杯したのは言うまでもありません。いやー実に楽しいひと時でした。

毎年、日本の北の端から南の端まで来てくれるのですから、ダッチウエストジャパン社のヤル気というか意気込みというか・・・ヒシヒシと感じています。その出張経費が無駄にならない様に頑張りますので、また来てくださいね。あっ、六花亭のお菓子をお忘れなく。

新発売 ダッチウエスト エントリー・ペデスタル FA244P (外気導入対応)  ¥207,900 (税込み)


環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金を受け付けています。
必要な書類等は当店にて準備しておりますし、詳しいご説明を致しますので、店頭で、お電話で、メールでも問合せください。
この冬には薪ストーブを・・・とお考えの方はぜひ。

薪ストーブの補助金受け付け中

火が入らなくなったショールームのストーブたち
火が入らなくなったショールームのストーブたち

環境省による平成22年度の薪ストーブに対する補助金制度が正式に発表されました。
昨年度までの補助金額は上限20万円でしたが、今年度は予算の総額が減らされたとかで、10万円になったようです。が、数枚の書類に住所やお名前、簡単な事項を記入して提出すれば、設置完了後・・・すなわち忘れた頃にご自身の銀行口座に10万円が振り込まれてサプライズ!しますので、この冬には薪ストーブを・・・とお考えの方はぜひお申し込みください。
必要な書類等は当店にて準備しておりますし、詳しいご説明を致しますので、店頭で、お電話で、メールでも問合せください。
第一回目の募集締め切りを今月末としていますので、そこそこお早目にどうぞ。

前回の日記でご紹介しました宇佐市内の原木情報もまだ有効です。無料の情報ですので、遠慮は要りませんからドシドシお問合せください。

5月5日こどもの日は薪作りの予定が入りましたので、臨時休業とさせていただきます。
その日以外は現在のところ営業する予定ですので、地獄めぐりや温泉入湯、うみたまごや湯布院観光のついでにお立ち寄りください。お待ちしています。

原木情報と連休の営業について

nikki100428

明日から大型連休が始まりますが、何かご予定はありますでしょうか。
もしおヒマなら宇佐市内にて原木情報がありますので、取りに行きたいと思われる方は大至急メールにてお問合せください。その樹種も場所の条件も良いですから、ぜひ。

また、半日でも予定の無い日があるのなら、迷わず薪ストーブのメンテナンスと煙突掃除をやりましょう。
年に一度の大仕事・・・冬の間家族を暖め続けてくれたその功績の割には大した作業ではないと思うのですが・・・を終えた後、プシュっと開けるビールの味は格別ですよ。

出来れば煙突掃除の終わった屋根の上で、普段目にすることの無い風景を眺めながらグビグビっといきたいところですが、危険ですから本当にやっちゃあいけません。
庭でもベランダでも縁側でもよいですから、アウトドアでメンテナンス作業無事終了の慰労会をやりましょう。

連休中も事前にご連絡ご予約をいただけば、ショールームにてお待ちしています。メンテナンス用品や消耗品が必要な方は、ぜひお出掛け下さい。

日本暖炉ストーブ協会総会

薪燃焼ハース・システムの講習会テキスト
薪燃焼ハース・システムの講習会テキスト
そろそろ薪ストーブシーズンも終わりかな・・・の先日、東京にて開かれる日本暖炉ストーブ協会の総会に出席してきました。
これまでは任意の業界団体でしたが、今年度より一般社団法人として再出発することとなり、その設立総会が開催されたのですが、日本全国の薪ストーブ・暖炉の輸入商社をはじめ、当店の様な薪ストーブ販売店、煙突や部材を製作する金属加工メーカー、当店も加入している煙突や施工に対するPL保険や工事中の事故を保障する損害保険会社等、合わせて79社での船出です。

その中で薪ストーブ店は63店で大分県では当店だけ、九州でも3店のみですが、まあそれぞれ個性的な・・・と言うか、信念を持って活動されている事がにじみ出ている方ばかりでした。また、ほとんどの方が薪ストーブ屋としては先輩でしたので、夕刻の懇親会では壇上にて自己紹介をさせていただき、各々名刺を交換させていただいて、技術交流のお願いかたがた無個性な顔!を精一杯アピールしてきました。(ここは笑うところではありませんよ)

総会の後にはアメリカの「薪燃焼ハース・システム」マニュアルについて講習会もあり、薪ストーブや煙突についての安全性や排ガスについて深く学べましたので、こちらは更に有意義でした。
今回の講習会や業者間の交流で得た最新情報や正しい知識や技術は、今後もお客様にどんどんフィードバックしていきたいと思います。

出張はたったの2日間でしたが、しかし都会は疲れます。電車網の発達は便利ですが、まあ歩く歩く、それに速い速い。今年一年分は歩いた様な・・・やっぱりスローな地元でスローな炎のある暮らしが一番と再確認しました。
また9月に「安全講習会」も開かれますが、絶対疲れるけど行きます。

一般社団法人 日本暖炉ストーブ協会   http://www.jfsa.gr.jp/

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top