Home > 九州薪ストーブ日記

ネスターマーティン 薪止め新発売とインプレッション

H43への薪止め設置例

H43への薪止め設置例

ネスターマーティン社の薪ストーブは全モデルともフロントドアからのみの薪投入となりますが、その投入具合によっては燃え盛る薪がドアガラス面に倒れてきて、ドアをあけられない状態になったりします。
そんな時のために、ネスターマーティンのSシリーズとHシリーズ用に薪止め・・・いわゆるアンダイアン・・・が標準装備となりました。

その角の高さは薪止めとして十分に機能しながらも、薪の投入や見た目の邪魔にならない絶妙な高さに設定されています。

既に購入なさった方の場合は、オプション品として有償となりますが、とっても安いので激しくお薦めです。
装着はいたって簡単、灰を取り出したロストルの上にポンと置くだけです。



この冬はショールームにてS33をずーっと焚いていますが、二次燃焼室を持たない燃焼方式・・・クリーンバーン方式の仲間として考えると、巡航運転状態時に薪が長ーく燃える点は特筆ものです。
が、給気をグッグッと絞ってゆっくり燃やす状態を続けると、当然暖房力は控えめになってお部屋が暖かくない・・・ということにもなる様です。
薪ストーブ本来の目的はお部屋を暖ためることなのですから、給気グッと絞って薪が長持ちしたとしても、天板に載せたサーモメーターの針が下がり、室温も下がる様では給気の絞り過ぎか絞るタイミングが早過ぎるということでしょうね。

良い薪を燃やして、給気をグッと絞っても温度が下がらない・・・むしろ上昇する・・・運転をすると、暖かくて炎はきれい、そして薪も長持ちする夢の時間が出現します。また、これはクリーンバーン方式のストーブ全てに当てはまります。
その日の薪によっても変化するそんなタイミングを見つけ、絶好調で燃やし続けるのも薪ストーブの楽しみの一つかもしれません。


ネスターマーティン H・Sシリーズ用 薪止め  ¥3,675  (消費税込み)

薪ストーブライフ誌 No.11 発売中

nikki110301今年最初の「薪ストーブライフ」が発売されました。
数えて11冊目の表紙は「ハースストーン イキノックス」という、鋼板製でも鋳物製でもないソープストーン・・・石鹸石という石です・・・製のめずらしいストーブです。
昨年、長野県にある輸入元の長野総商さんにお邪魔して実際に焚いているのを見ましたが、そのデカさゆえの存在感や重厚感は圧倒的でしたし、その輻射熱は鋳物ストーブより更に柔らかくて、思わず「いいねー・・・」とつぶやいてしまいました。

他の記事として、チェンソーやそのメンテナンスツール、斧やナタから大型のエンジン薪割り機までの薪作りのアイテムも紹介されていますし、毎号おなじみのユーザーの声も紹介されていますので、薪作りに頑張らなければならないユーザーから、これから薪ストーブを・・・の方まできっと参考になるはずです。

当店ショールームにて販売していますし、創刊号からこの最新号までズラリと見本誌も置いていますので、炎のゆらぐ薪ストーブの前に腰掛けて、ゆっくり座り読みしてもOKですよ。
また、出版元では既に在庫切れ・絶版となったバックナンバーの5号、7号も少し店頭在庫がありますので、買いもらした方はお問い合わせください。


薪ストーブライフ誌 No.11    ¥1,785.  (税込み価格)

料理の国の薪ストーブ  ドミノ

nikki110222日本列島がモーレツな寒波に襲われた先週、毎年恒例の薪ストーブ野郎技術研修のため、薪ストーブの聖地である長野県に行ってきました。

先ずは駒ヶ根のバーモントキャスティングス他の輸入元であるファイヤーサイド本社へご挨拶。
入口を入ると正面に新発売のクッキングストーブ 「ドミナ」が座っていて、実際に火を入れながらポール社長自ら実演と説明をしていただきました。

さすがにイタリア製だけあって、デザインはシャープでモダン、これまでの昔懐かしい感じのクッキングストーブとは一線を隔しています。なのにステンレスフレームに囲まれた天板には取り外し可能な6重のリングとなっていて、「おくどさん」や「かまど」みたいにいろんな大きさの羽釜や鍋を直火に掛けられるようになっていて、みょーに昔ながらな部分もあったりして。

「あの部分はどう?」、「この辺は?」、「内部の掃除はどのように?」といろいろツッコミを入れてみましたが、それぞれ良く考えられていて、決定的なウィークポイントは無いようでした。まあ、強いて言えばそのお値段に「うーん」と唸っちゃうところでしょうか。
当店のショールームにても実演すると良いのでしょうが、もう繋ぐ煙突がありません。そうなると恒例の他力本願ということになりますが、どなたかドーンと設置してみませんか。お問い合わせまってます。

残念なのは、「ドミナ」を使って作られた美味しいものを食べられなかった事でしょうか。次回お伺いした時はなんか食べさせてね。


・デマニンコア社  「ドミノ 6」                                 ¥588,000  (消費税込み)
・                      「ドミノ 8」                                 ¥661,500  (消費税込み)
・                      「ドミナ」    (上画像モデル)                ¥630,000  (消費税込み)

「STOP!温暖化 おおいたキャンペーン」でラジオ出演

石橋の里で燃える ネスターマーティン H33

石橋の里で燃える ネスターマーティン H33

地元放送局の老舗、OBS大分放送さんのラジオで午後の情報番組「ごごらくワイド」に呼んでいただき、タイトルのテーマにて薪ストーブのお話をしてまいりました。

本番数分前に「ヤアヤア初めまして・・・」とご挨拶し、直前の音楽がかかっている間にブースに入りいきなり本番!
同局のトップアナウンサー氏と美人アシスタントのおねーさんに囲まれて、自分でも「コイツ緊張してるな」と思うほど緊張しました。
事前にヤリトリしていたQ&Aに沿っての質問形式で、薪ストーブの素晴らしさ、カーボンニュートラルのこと、薪刈りが人の手が入らなくなった里山の荒廃問題解決の一助になることなんかをお話させていただきました。

普段ショールームでお客様にお話するのとほとんど同じ内容を話すだけなのに、「ON AIR」の赤いランプが点いたブースの中では完全なアウェー状態、滑らかには言葉が出ずにシドロモドロ、言葉に詰まって絶句状態も・・・10分近いオンエア時間でしたが、まさにアッという間の出来事でした。

幸いなのはラジオを録音する術が無く、ド緊張の自分の喋りを聞かずに済むことでしょうか。
ラジオから最新ヒット曲をカセットテープに録音していた・・・「エアチェック」とかいって、それなりにカッコよかった・・・昔と違い、今の我が家にはカセットテープはおろかラジカセもありません。そのうちCDも過去の遺物となるのでしょうか。

ただ、「ラジオを聴いて来ました」という方にたくさんご来店いただいていますので、「恥ずかしい想いもしてみるもんやなぁ・・・」と感じています。これからもマスコミ関連様からお声が掛かれば、ホイホイ出させていただこうと思っていますので、そん時は是非視聴してくださいませ。

お知らせです。 16日水曜日、17日木曜日は臨時休業とさせていだだきます。よろしくお願いいたします。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top