Home > 九州薪ストーブ日記

ネスターマーティン モダンキューブ登場

nikki190905遅ればせながらとなりましたが、ネスターマーティン社ストーブの輸入元 京阪エンジニアリングのディーラー会議@京都のご報告です。

今回のメインイベントはネスターマーティン社のニューモデル MQ33 (MQはモダンキューブのこと)の発表でした。
鋼板製モデルの様なシンプルな直線を基調としたデザインながら、四隅が丸められて優しい柔らかさを感じさせるのは同社のS、H、Cシリーズと同様の鋳物製だからでしょうか。

最近のトレンドである下部まで一体となったデザインで、そこは薪を入れられるログボックスとなっています。

そして最大の特徴として本体上部を360度回転させることができます。
具体的にはLDKの真ん中辺り、リビングとダイニングの中間に設置し、食事の時はガラス面をダイニングに向けて、食後の団欒の時はリビングに向けて・・・なんていう楽しみ方が出来るのです。

燃焼方式は定評のウッドボックス多次燃焼方式ですから、美しい炎はもちろんガラスも曇りにくく操作性やメンテナンス性も良好です。
今シーズンではイチ押しのニューモデルでしょうか。 詳しくはお問い合わせください。

WEBERグリルでハンバーガー

nikki190825今日は日曜日、見学や打ち合せにご来店のお客様があるため終日ショールームに待機・・・ということで、ランチにWEBER スピリット2 ガスグリル(限定レッド色)にてハンバーガーを作りました。

知り合いのパン屋さんにバンズを焼いてもらい、ビーフ100パーセントのパテを丸く広げ、余熱が完了したグリルへ。
間もなく焼けてきて中の温度も57度になったら、一つはヨシダズBBQソースを塗ってもう少し焼き、残りはとろけるチーズをのせてトロっとなったらパテは完成。

同時に軽く焼いておいたバンズにレタス、パテ、オニオンスライス、トマトと積み上げマヨネーズをかけてたらいただきまーす。
WEBERグリルの故郷アメリカの家庭では、たぶん毎週末にこんなことしているんでしょうね。

家族や仲間でワイワイと楽しい時間を過ごせるバーベキューは、キャンプ場や海岸だけのものではありません。
気が向いた時にご自宅の庭やウッドデッキで気軽に楽しめますよ。

大分県内ではおそらく唯一のWEBER社グリルの取り扱い店です。
ガス、チャコール、キャンプ用のグリルはもちろん、豊富なアクセサリーも展示していますので、冷やかしにでもご来店ください。

気が向いたら何か料理していますので、運が良ければご賞味いただけるかも・・・。

ビッグディッパー湯布院にウェーバーグリル

nikki190803エアストリームというアメリカ製のビンテージトラベルトレーラー・・・アルミ製でキラキラのやつ・・・を高原に並べた宿泊施設、ビッグディッパーさんに同じくアメリカ製のウェーバー社チャコールグリルを納めました。

ポータブルサイズのスモーキージョー・プレミアムケトル37センチで、期間・数量限定のレッド色バージョンです。
2人から5人ほどの家族にピッタリのサイズで、フタをすることで本格的なBBQ料理が楽しめます。

お盆前にはピザ窯のカブトも納品予定なので、それらを試してみたい方はぜひお泊りのご予約を。

ビッグディッパー https://yufuinbase.jp

庭火フェス ありがとうございました

nikki190728初めての試みとなるイベント 「ウッドデッキや庭で薪火を楽しめる様々なアイテムのご提案と実演のイベント 庭火(にわか)フェス」が無事終了しました。

事前予約無しでも参加OKとしたため、どれくらいご来場いただけるか判りませんでしたが、予想よりはやや少な目ながら皆さん面白がってご来場いただきました。
ありがとうございました。

アメリカ Weber(ウェーバー)社のLPガスグリル スピリット2 E-310でチキンを丸のまま焼く丸鶏を、同社チャコール(整形炭)グリル オリジナルケトルプラス 47センチではスペアリブを焼きました。

また、ファイヤーサイド社のピザ釜 KABUTO(カブト)で色々な味の冷蔵ピザを次々に・・・あっという間に焼けます・・・仕上げました。

他にもアウトドアストーブ 「Tipi」や庭で火を楽しむための焚き付け作りにピッタリの「キンドリングクラッカー」の実演も。

また、「ツインターボ」という名称のステンレス製七輪・バイオマスコンロを開発・販売で頑張っている地元の㈱イーコンセプト社さんは代表直々に実演展示していただきました。

梅雨明けでめちゃくちゃ暑かったですが、自宅の庭や別荘で楽しめる新しい火遊びをご提案できたかなと思います。
また「庭火フェス」をやりますので、今回来られなかった方々も次回はぜひ遊びに来てください。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top