Home > 九州薪ストーブ日記

スマートフォン対応となりました

スマホとはある意味対極のツールである古民具 背負子

スマホとはある意味対極のツールである古民具 背負子

いつもスマートフォンでご覧いただく方はもうお気付きでしょうが、すでにお盆前から当店のホームページも今時らしくスマホ対応となりました。

アクセス解析をすると、約20パーセントの方がスマートフォンで訪れていただいていることが解ります。

お仕事中や電車やバスでの移動中に覗いていただいているのか、プライムタイムにリビングでタブレット端末の画面を人差し指でコスっているのかもしれません。

パソコンでご覧いただく方には細かい部分・・・過去記事へ直接ピンポイントに飛べる、リンクバナーが増えた・・・ぐらいの変化で他は今まで通りです。
もし何か不具合がありましたら、ご指摘くださるとありがたいです。


私の携帯は今だに二つ折り、その上おじいちゃんおばあちゃん向けのかんたん携帯・・・文字がデカくてとっても見やすいよ・・・でして、電話と時計としてしか使いませんのでネットに繋がらなくても何ら不自由は感じていませんが、もはや時代の趨勢には勝てません。

まあ唯一不自由であるとすれば、自社のスマホサイトを見られないことでしょうか。 仕方が無いので奥さんのiPhoneをお借りしてときどき覗いています。

夏季休暇について

暑い時にあえて暑苦しい画像で納涼

暑い時にあえて暑苦しい画像で納涼

8月12日月曜日より16日金曜日までの5日間をお盆期の夏季休暇とさせていただきます。

この時期は薪ストーブや煙突などの輸入元もお休みとなり・・・10日土曜日から18日日曜日までの9連休などという今時バブリーな会社も・・・部材等の調達もままなりませんし、何しろこの猛暑で少々バテ気味ですのでこの際に休養とリフレッシュをさせていただきます。

17日土曜日からはショールームをオープンしますので、まだお休みの方で薪ストーブを見てみたい方、ご相談ご希望の方は是非ご来店ください。 その際には事前のご来店ご予約をお願いいたします。





こんなに暑過ぎる日々ですが、お盆を過ぎるとそれも峠を越して少しずつ秋の気配が感じられる様になるものです。
するといよいよ薪ストーブシーズンへカウントダウンの始まりですよ。


引き続きスタッフを募集しています。 詳しくは一つ前の日記をご覧ください。

スタッフ募集

nikki130730当 薪ストーブ専門店 フエゴも徐々に皆様に知っていただくようになり、お陰様で日々それなりに忙しく活動させていただいております。
今後もさらに故郷大分県にもっと薪ストーブ文化を根付かせるため・・・大袈裟すぎ・・・に若いスタッフを募集しています。

薪ストーブに興味が無くても、似たような業種の経験がなくても(あればあったで邪魔にはなりませんが)ぜんぜん構いません。 携っていくうちに必ず興味が沸いて必ず好きになりますから。 これだけは請合います。

まずは匿名でも結構です。 メールや電話にてお問い合わせください。





来春就職予定の高校3年生なら夏休みの間だけのアルバイト・・・いわゆるインターンシップですね・・・でもOKです。

「薪ストーブってなんか面白そう・・・」
「経験は無いけど新しい業種なら大丈夫そう・・・」
「形にハマった仕事はいやだ・・・」
ちょっとでも「おやっ」と引っ掛かったそこのあなた、いつ飛び出すの・・・今でしょ!

薪棚探訪 その四十八 この時期スカスカなんて

nikki130729家屋の壁沿い・・・いわゆる犬走り・・・にアルミ製の立派な屋根が架かっています。
35センチの薪なら3列は並べられそうなほどの奥行きがあります。

実はこのお宅の南側に取り付けられていたアルミテラスを新しくした際に、撤去した古い物を移設して薪棚としたものです。 
本来3メートル近くあったであろう柱を短く低くして、既存の小窓を避けて設置しています。
古い物も無駄にしないとても良いアイデアだと思います。

と褒めるのはここまで、「家屋に接した薪棚はあまり良い薪棚とは言えません・・・」はひとまず置いといて早速。

まず、地面側が未整備のようで、コンクリートの犬走り部分と土の部分があり、そのままでは湿気が上がったり虫が沸いたりしますから、薪を載せる土台部分を20センチほど高くすると良いでしょう。
また、目一杯なら薪を3列は並べられそうですが、そこをあえて2列として薪同士の隙間を開け、風通しを良くすればより早く乾燥するでしょう。
ついでに、周りに生えたペンペン草を刈って、日当たりや風当たりを良くしましょう。 「汚れた英雄」・・・なつかし過ぎる・・・でお馴染みの草刈雅雄氏主演のマキタ充動式草刈機も取り扱ってます。

そして一番の問題は、あと4ヶ月もすれば薪ストーブシーズンが始まろうかというのに、薪が満タンになっていないことかもしれません。
今からでも遅くない・・・いややっぱり遅いかもしれませんが、次の次の冬用と割り切って早速薪作りを再開してください。

カシ、クヌギの乾燥薪も販売していますので、イザとなったらご連絡のほどを。

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top