Home > 九州薪ストーブ日記

木材利用ポイント その後

nikki151008昨年9月まで実施されました林野庁による「木材利用ポイント その木、どこの木?」制度のポイント交換申請期限が10月31日と迫ってきました。

多くの方は既にブランド米! 和牛のお肉! そして乾燥薪!なんかに交換済みだとは思いますが、交換の際にびみょーに使い切れずポイントがちょぴり余っちゃった方も居られるのでは・・・。

そんな中途半端に余ったポイントを寄付してみてはいかがでしょうか。

寄付する先は、森林の整備等を支援する「森林づくり・木づかい寄付」と、東日本大震災の復興を目的とする基金等に贈られる「復興寄付」です。

僅か1ポイントからでも寄付することが出来ますし、パソコンからも簡単に手続き出来ますので、ぜひ余ったポイントを有効に利用しましょう。

事務局から「ポイント交換状況に関する重要なお知らせ」の封書が届いた方は、すぐに中を確認してくださいね。

さあ、朝晩寒いな・・・な日もチラホラと。 そうなれば煙突掃除ですよ。 早めのメンテナンスで来る冬に備えましょう。

薪棚探訪 その五十三 薪アートコンテスト

第1回グランプリ第2回グランプリ今回は番外編ということで、表題のコンテストについてのご案内を。

山から原木を切り出す時やそれを自分の薪ストーブに合った長さに玉切りする時のエンジンチェンソーの音と振動とオイルの匂い、玉切りをご自慢のアックスでスパッと割った瞬間の爽快感、それらは薪ストーブライフの楽しみの一部だと思いますが、せっせと作った薪を薪棚に積む時にもせっかくなら・・・ひと捻りふた捻りしてみると、更に薪ストーブライフの楽しさが広がるのではないでしょうか。

ということで、こだわって積んだ薪棚を皆に披露してみませんかというコンテストが開催中です。
九州は熊本で始まったこの催しも早くも3回目となりますが、年を追うごとに素敵な作品や、「おおーっ」となる作品が出品されています。
その規模も全国にちらばる日本暖炉ストーブ協会加盟の薪ストーブショップが協賛することになりましたから、今年は更に大規模なものとなるでしょう。 グランプリには素敵な薪ストーブ関連商品の副賞もあるようです。

唯一の問題は、せっかく積んだ素敵な薪棚を壊したくないがゆえ、薪が使えないことかも知れませんね。

因みに上は第1回、下は第2回のグランプリを獲った作品です。
応募は12月15日迄ですから、今からでも間に合いますよ。
応募用紙は当店にも備えていますので、どうぞお問い合わせください。

ネスターマーティン ディーラー会議

nikki150706先月末に毎年恒例の上記会議のため京都まで行ってきました。

本国からネスターマーティンブランドの社長も来日され、現地工場や生産体制等、遠く離れた生産現場のことをいろいろと聞くことができました。

その後の輸入元の京阪エンジニアリングによる新製品の紹介や同社オリジナル部材の施工法レクチャー、会議後の懇親会にての他薪ストーブ店の方々との情報交換まで、とても充実した一日となりました。

写真は同ブランドのニューモデル「サントリーニ」です。
縦型のモダンタイプのストーブにしては大型で、高さ1145ミリ、幅555ミリあり、長さ45センチの薪を飲み込みます。
湾曲したフロントガラス越しに、のびのびと立ち昇る炎を鑑賞できそうです。
価格は消費税別 770,000円となかなか・・・。


会議の中で京阪エンジニアリングさんより思いがけず感謝状を授与される一幕、いや二幕がありましたが、私の提案したアイデアを速やかに部材に反映させるその柔軟性は、ぜひ見習わなければと思いました。

さあ、ネスターマーティン社製品は大分県下唯一の正規代理店である当店にご相談ください。

初めての感謝イベント ありがとうございました

nikki1504261フエゴを始めて以来ずっとやりたかった「お客様感謝イベント」を、とっても切のわるい13年目の先週末に行わせていただきました。



何分初めてのイベントなのではたして皆さん来て下さるのか・・・、段取りはこれでいいのか・・・、天気はどうか・・・等々不安だらけの開催でしたが、思った以上の方々にご来場いただき、段取りも臨機応変で上手いこと切り抜け、天気は半分小雨になりましたが、何とか無事に終えることができました。


nikki1504262
今思い返しても至らなかった部分が次々に浮かんできて、冷や汗や残念感や申し訳ない気持ちが吹き出してきますが、この思いを胸に、今回ご都合等でお出掛けいただけなかった方々や何らかの手違い等でご案内が届かなかった方々、これからお客様となられる方々に向けて、そう間を開けずにまた開催したいと思っていますのでどうぞご期待ください。



全てのお客様に感謝いたします。 ありがとうございました

ホーム > 九州薪ストーブ日記

Return to page top